Month2008-02

応急危険度判定訓練実施

丸亀市土器町の市営住宅解体現場において、応急危険度判定の模擬訓練が実施されました。 香川県土木部建築指導室と(社)香川県建築士会が主催し、当日は、建築士会中讃支部のメンバーが約35名 参加しました。

cimg1663.JPG

少し傾けた木造住宅の危険度を班別に測定し、判定していきます。 あくまでも応急の判定ですが、建物の変形が  ( 柱の傾きを測定して下さい )    1/20   以上     危険    1/20 ~ 1/60   要注意   という風になっておりますので、参考にして下さい。

cimg1670.JPG

cimg1671.JPG

 

木造住宅と耐震技術

木造住宅耐震対策講習会が2月9日、 マリンパレスさぬきにて開催された。 内容は主に耐震診断の方法と補強の方法についてである。   1981年以降、建築基準法は、建物の耐震性について種々な技術的検討が進られ、数度の改良を加え、非常にレベルの高いものになっている。

 木造住宅については、特に、2000年の基準法改正と、品確法の制定により、 これらの仕様に基づいて建てられた住宅は、想定する大地震では倒壊はしない、 と考えられるが、近い将来、予想される東海、東南海、南海地震に対して、 古い住宅に住んでいる方は、やはり、診断と補強を怠らないようお願いします。   尚、当日の講師は、武蔵工業大学 教授 大橋 好光先生でした。

また、一般の方向けに、香川県土木部建築課にて、 “ 耐震改修の基礎知識 ”  という施工マニュアルが頂けるそうです。

cimg1755.JPG

下高瀬小学校  完成。

昨年 2月2日に安全祈願祭をし、 地元三社のJVにより  鋭意施工を行ってきた 下高瀬小学校 (三豊市三野町)が この程、無事完成しました。

cimg1656.JPG

2月末には、児童が入るということです。

子供達、お待ち遠様でした。

© 2018 神詫組ブログ

Theme by Anders NorénUp ↑