Categoryお知らせ

三世代が暮らせるゆとりの住まい 完成見学会のご案内 3/13(土)・14(日)

三世代が暮らせるゆとりの家 完成見学会のご案内

日時 3/13(土)・14(日) 9:00~17:00

場所 三豊市詫間町
map201003091.gif

011.jpg 08.jpg

お客様のご希望をていねいに伺い、不安を解消し、納得のいく家づくりを提案させていただきました。
主婦が動きやすいレイアウトにしたら、光と風の住まいができました。
お施主様のご厚意で3/13(土)・14(日) に完成見学会を開催しますので、是非ご覧になっていただきたいと思います。

ポイント【1】主婦の動線を最も配慮した、つながりのある部屋配置
04.jpg 10.jpg 11.jpg

ポイント【2】人に優しいユニバーサルデザイン、子供からお年寄りまで安心して住める気配り設計
12.jpg 13.jpg

ポイント【3】収納のある住まい
収納スペースをたっぷり確保しました。
衣類収納の壁には桐を使っています。桐は湿度を調整する能力が高く、虫も寄りにくい優れた木材です。
03.jpg 02.jpg 06.jpg 09.jpg

ポイント【4】どんな人にもやさしい設備
お年寄りやお孫さんが安心して暮らせるような設計、手すりも各所に設けられています。もちろんバリアフリー、オール電化です。
17.jpg 5.jpg 16.jpg

ポイント【5】可能性が広がるウッドデッキ
リビングからそのまま出ることができる広いウッドデッキを設置。
ひなたぼっこ、読書、バーベキューなど、使い方はいろいろ。
夢の広がる生活を演出してくれるでしょう。
141.jpg 151.jpg

お問い合わせ 0120-41-2424

「暮らしアップ」リフォーム相談会開催

11月21日(土)~23日(祝) 午前9時~午後5時よりリフォーム相談会を本社ショールームで開催致します。

1120.jpg

お気軽にご来場下さい。

藤塚の家完成

藤塚の家完成 テーマ:都市の狭小地で快適に暮す オール電化+木造在来純和風住宅が完成しました。 敷地は間口7m(奥で13.5m) 奥行30mの細長い台形の形をしています。 高松の市街地のため、両隣は建物が一杯にせまり、しかも奥は琴電の軌道敷。 できるだけ光が入り、風が通りしかも音が入らない様考慮して設計しました。 延べ床面積は55.2坪です。

img_4721_1.jpg

img_4769_1.JPG

チェックポイント① (和風のしつらえ) お施主様のご希望により、外観は防火に配慮しながらできるだけ和風とし、 玄関、客間も純和風になっております。 また団塊世代のご夫婦のため、老後に備え玄関にはゆっくりしたスロープでアプローチ。 植栽工事の後、正面にはカーポートの設置を予定しています。

img_4744_1.JPG

img_4732_1.JPG

チェックポイント② (光と風) 客間は中庭の掃き出しから書院の窓へと風を流し、採光もたっぷり取り入れました。 リビングの中庭はこの住宅のキーポイントです。 この狭い敷地で敢えて中庭を取り、風の流れと光を確保しています。 秋にはもみじの紅葉が目の楽しませてくれます。 天井のトップライトからはやわらかな光が室内に入ってきます。 チェックポイント③ (キッチン、水廻り)

img_4739_1.JPG

img_4746_1.JPG

img_4748_1.JPG

キッチンは奥様の使い勝手優先で、背面には家電置場と扉の向う側にパントリー、そして天井にはトップライトを配しています。 トイレは客用トイレは客間に合わせて和風としています。 チェックポイント④ (サンルームと釣具室)

img_4754_1.JPG

ご主人の趣味は魚釣り、奥様は植物や横笛etc それぞれのご希望で釣具室とサンルームを設けました。 サンルームは観葉植物等を置きご友達との憩いの場となることでしょう。 チェックポイント⑤ (寝室)

img_4757_1.JPG

寝室は全て和室。 外壁には全て防音のため遮音シートを入れています。 遮音シート+広縁で防音対策をとっています。 ウォークインクローゼットも2室用意し、収納スペースも十分です。

木造外断熱の家 完成見学会のご案内 2/28(土) 3/1(日)

木造外断熱の家 完成見学会のご案内 テーマ:絶大な省エネ効果で快適に暮す 日時 2/28()  3/1() 場所 神詫組 本社 斜め前 オール電化+木造外断熱の家が完成します。お施主様のご厚意で2/28()、3/1()に完成見学会を開催しますので、是非ご覧になっていただきたいと思います。

img_2681_1_1.jpg

img_2679_1_1.jpg

見学のチェックポイント ① 〈外断熱〉 木造でありながら、型式認定 温熱環境4等級取得、防火構造認定というの優れものの骨格をもち、2000年の標準的な住宅と比較してエネルギー消費量50%オフの住宅を造るのを目指しています。

1.jpg

321.jpg

見学のチェックポイント ② 〈オール電化〉 IHクッキングヒーター、エコキュート等の採用により、クリーンな環境で暮らす、エコロジー電化住宅となっています。 メーカー試算では、冷暖房費+給湯費は2000年当時の住宅と比較して年間約6万円の光熱費削減となっています。(延べ床 38.8坪 夫婦二人+子供二人の場合の試算) 光熱費で約70%、CO2で約40%の削減です。

img_4533-1_1.jpg

img_4540.jpg

見学会のチェックポイント ③ 〈オープンキッチン〉 ご主人はレストランの料理長、大きな吹抜けのある広い居間(LDK約19.5帖)の中心はやはりキッチンです。奥行きもビックサイズのフルオープンキッチンでプロの仕事が冴えることでしょう。

img_4541.jpg

見学のチェックポイント ④ 〈オシャレなフォルム〉 外観のユニークな形は、室内の伸びやかな空間がそのままカタチになったオシャレなフォルムです。 室内は全て勾配天井(和室以外)。広々とした豊かな空間がお子様の創造力をはぐくんでいきます。

img_4525.jpg

img_4538.jpg

見学のチェックポイント ⑤ 〈左官仕上外壁〉 昨今、外壁はサイディングというのが多い様ですが、手塗り壁にしてみてはいかがですか? この住宅では豊かな色彩と高い意匠性が特徴のドイツ製ポリマーによる左官手塗り外壁を採用しています。素敵な風合いをぜひ現地にてお確かめ下さい。

img_2776_1.JPG

お問い合わせ 0120-41-2424   担当 藤田

リフォーム相談会

皆様のおかげで、たくさんのご来場をいただいて、リフォーム相談会を行うことができ誠にありがとうございました。

pict0398_1.JPG

当日は本社駐車場にテントを張りつめ、各メーカー様の新商品、新提案の展示と、電化の相談、またリフォームローンの相談と内容は結構(?)盛り沢山でした。

pict0454_1.JPG

最初はクボタ松下電工外装の瓦と外装材です。 瓦はテレビでおなじみのルーガ。金槌でたたいても割れません。しかも軽いので、リフォーム向きで、地震には強いと思われます。外装材は光触媒処理の光セラ。紫外線と反応し、油を分解するので外壁が汚れにくいのです。この光触媒塗料は当社でも取り扱っております。

pict0448_1.JPG

他にもウッドワンの内装ドア及び建材、ペレットストーブ、フランス漆喰(西洋塗壁)、遮音シート etc.・・・・・・ 水廻りでは、TOTOのシステムキッチン・トイレ各種・洗面化粧台と、多数の商品を出展していただきました、やはりリフォームは水廻りに関心のあるお客様が多かったように思われます。

pict0446_1.JPG

奥のコーナーでは、当社が施工した代表的なリフォームの事例約20件を写真パネルで展示しました。併せて、概略の見積金額もお知らせしております。やはり、リフォームはお客様にとって金額がいくらかかるのかが、とても不安なので、当社では、最初に概略予算打合せをさせていただいております。 それから四国電力の電化に関する各種提案と中国銀行によるリフォームローンの相談ブース。両社には毎回出展協力を頂いております。 他にも、ハイテックの軟水器のコーナーや、木造住宅制震工法(ローコスト、メンテナンスフリーで地震の揺れを50%以上低減できる)の実物展示コーナーも関心を呼んでいました。

pict0462_1.JPG

pict0437_1.JPG

当社の制震工法は、地震の振動エネルギーを熱エネルギーに変え、地震の揺れを半分以下に減衰します。ダンパーにはニューヨークのワールドトレードセンターにも採用されていた住友スリーエム製VEM制震ダンパーを使っていて、約40年の実績を誇ります。南海、東南海地震を目前にして、木造住宅で積極的に採用していきたいと思っています。 今回は、初めてのリフォーム相談会でしたが、たくさんのご来場をいただきこれからも年に数回、新築イベントを含め開催を考えて行きたいと思います。これからもご来場お待ちしております。 それから相談会が終わってからも、チラシを持って問い合わせ頂いた方もいらっしゃいますので、どうぞ皆様、何なりとお気軽にお問い合わせ下さい。

© 2020 神詫組ブログ

Theme by Anders NorénUp ↑